管理職の基本(考え方・役割・行動)と経営者に必要な哲学をお伝えしています。今、何を実践し、修得すべきかが明らかになるヒントが満載。管理職、経営者向けの研修も行っています。

  1. 研修プログラム

研修プログラムについて

研修プログラムについて

(株)デンソーと(学)河合塾での管理職と経営者として培った経験をもとに
• 管理職の方
• 経営者を目指す方

のための研修プログラムです。

研修プログラムの特徴

ステップ1 研修には、踏まなくてはならないステップがある

一般的な研修は、リーダーシップ研修、課題形成研修、コミュニケーション研修などがありますが、いきなりそれらの研修を行ってもうまくいかない原因があることをご存知でしょうか?

なぜなら、それは、手段を解決する研修だからです。
実は、その前に、どうしても踏まなくてはならないステップがあるのです。

それは、
「管理職とは何をする人なのか?」
「経営者とは、何をする人なのか?」
「幹部人材とはどのような人材なのか?」
を定義するステップなのです。

研修ソーシングにおける研修プログラムでは、この最初のステップに時間をかけます。

ステップ2 成果を出し続けるヒミツ

次に、トヨタ・デンソーなどの成果を出し続ける企業の経営思想や人材育成思想を学びます。

経営思想や人材育成思想は、書籍、雑誌、講演会、動画、オーディオブックなど、様々なところから学ぶことができます。しかしながら、これらは一般的な思想です。こうした思想を学ぶことは、とても大切なことですが、今現在も成果を出し続けているトヨタ・デンソーの経営思想を体験者から学ぶことは、さらに重要だと考えます。

講師は、デンソーで27年間努めた後、河合塾に席を移したことにより、外部からトヨタ・デンソーの経営思想を客観的に見ることができました。そして、その本質を「7つの基軸」として「見える化」しました。

「7つの基軸」とは、

1.人の可能性を具現化する
2.Pull Systemで、人と組織の可能性を引き出す
3.異質から多様性を生み出す
4.「サムシンググレート」としての方針管理を実践する
5.摂理に基づいて、権限と責任の一致にこだわる
6.やり切る・積み上げる
7.経営と現場はRespectとLinkの関係にする
 ことです。

管理職・経営者にとって、この「7つの基軸」を理解することは、仕事の成果を出す上で必須であると確信しています。

ステップ3 よりよい成果を出すためのアクティブラーニング

以上のようなステップを踏んだ後、管理職、経営者のためのマインドセットやノウハウ、経営者になるために準備すべきことなどの研修に入ります。

これらの研修は、アクティブラーニング形式を取り入れて行います。

今、教育が大きく変わろうとしているのをご存知でしょうか?
キーワードは、「考える力」「判断する力」「表現する力」そして「協働する力」の養成です。

これらの力を養成する上で、アクティブラーニングが有効と言われていますので、この研修では、アクティブラーニングを積極的に取り入れています。

アクティブラーニングには、いろいろなやり方がありますが、講師の一方的な情報提供ではなく、双方向の意見交換を重視したアクティブラーニング研修を行います。

研修プログラムの選び方

1ステップから3ステップまでのフルコースの研修
キーワードごとに区切られた単発研修の2通りをご用意しております。

フルコース

研修時間:6時間
定員:10名〜30名

フルコース研修タイトル事例(実績をもとに)
・基幹人材養成研修 など

*研修内容の構成については、ご要望に応じますので、お気軽にご相談ください。

単発コース

研修時間:2時間
定員:20名~50名

単発コース研修テーマ事例(実績をもとに)
・会社変革に直結する業務改善推進とシステム開発部門の強化策
・自主研(考える職場づくり)の進め方研修
・学校法人等の経営改革の進め方
・トヨタ式経営の本質はどこにあるのか
・「複眼システムによる環境分析」と「ビジョン策定」の実務
・結果を出すリーダーの育て方研修 など

*研修テーマについては、ご要望に応じますので、お気軽にご相談ください。

研修のご依頼・ご相談はこちらから

研修プログラムの最近記事

  1. 研修プログラムについて

  2. 基幹人材養成研修(フルコース)

  3. 会社変革に直結する業務改善推進とシステム開発部門の強化策

  4. 自主研(考える職場づくり)の進め方研修

  5. 学校法人等の経営改革の進め方

関連記事

最近の記事

  1. 研修実績

    中部JBCC ユーザー会「基幹人財養成講座」を行いました。
  2. 人材育成

    「どうしたら人は育つのか?」を考える。
  3. 研修プログラム

    研修プログラムについて
  4. 人材育成

    “管理職”から“経営者”へと成長するために身に付けるべきこと…
  5. 人材育成

    “権限と責任の一致に拘り、人を育てる”ためにやるべきこと
  6. 人材育成

    “自主研活動”が“考える力”を育て、“考える力”が“自主研活…