管理職の基本(考え方・役割・行動)と経営者に必要な哲学をお伝えしています。今、何を実践し、修得すべきかが明らかになるヒントが満載。管理職、経営者向けの研修も行っています。

  1. 研修プログラム

基幹人材養成研修(フルコース)

「管理者」としての「基本」とその先にある「経営者」としての「基軸」を指南!

~トヨタ・デンソーの経営哲学をベースに、全ての業種に適応できる普遍性を付加して~

大変革期において、多様な人材を育て、チーム力を発揮し、現場において求められる成果を上げることが仕事の「管理者」、そして会社経営を司る「経営者」、その其々が習得すべき「リーダー必携の三種の神器」

即ち「考える力」・「本質を理解する力」・「ブレない力(基軸)」を身に付けて頂き、企業の「基幹人材」或いは「新しい企業の経営者」になって頂くことが、この講座の目的・狙いです。

形式として、対話形式を多用した「アクティブラーニング」を用います。講師が一方的に講義を行うのではなく、講師も受講者も一体になって意見を出し合い、双方向の発言を通じて学びを深めます。

研修の概要

  1. 対象   :経営者(役員)候補に位置づけられる次長・部長クラス
  2. 研修時間 :6時間
  3. 定員   :10〜30名

研修カリキュラム

*研修の構成は、ご要望に応じてカスタマイズ致します

Ⅰ.「管理者」「経営者」を定義する

【ポイント】
「基幹人材養成講座」の第一歩は、「基幹人材」を定義することから始めます。ここで「基幹人材」「管理者」そしてその先にある「経営者」に分けて定義します。

「管理者」「経営者」を定義することによって、其々の「管理者」「経営者」の「あり方」が明確になります。

その「あり方」を明示することができれば、「なし方」(何をすることが役割なのか)が理解され、成長の為の行動計画がイメージできる様になります。行動ができれば、必ず求める姿に近づくことが可能になります。

1.これから10年の経営環境の変化

  1. 経営環境分析は「複眼システム」で行う。
  2. 大変革時代の到来を予測する。
  3. 変革の本質を見抜く

2.「考える力」・「本質を見抜く力」を養成する

3.リーダーとしての「管理者」を定義する

  1. 「管理」とは何か。
  2. 「管理者」とは何か。
  3. 最重要テーマ「人材」を如何に育てるか。

4.「管理者」の先にある「経営者」を定義する

  1. 「経営」とは何か。
  2. 「経営者」とは何か。
  3. 最重要テーマ「方針管理」を実践する。
  4. “戦略の現場化と現場の戦略化”を学ぶ。

Ⅱ.結果を出す「管理者」になる

【ポイント】
結果を出す「管理者」になる為には、具体的「行動」が変化しなければなりません。何をすることが“結果を出す「管理者」につながるのか”を習得します。

また“意識が変われば行動が変わり、行動が変われば会社が変わる”は至言です。「管理者」の意識改革(マインドセットを学びます。

1.「管理者」による仕事の仕掛け

  1. 全ての仕事には「設計」がある。
  2. “Pull system is the best.”
  3. 「問題点」と「課題」の違いを理解する。
  4. 仕事は「科学的アプローチ」で進める。
  5. 「ストック」意識が仕事をレベルアップする。

2.「管理者」の為の「マインドセット」

  1. 思想哲学を持つ。
  2. リーダーシップを発揮する。
  3. 自己改善を継続する。

3.「管理者」の必携ノウハウ

  1. “Be” と“Do”を混同しない。
  2. “与えられた環境”と“改善の対象”を混同しない。
  3. 事故よけの“Gate(水門)”を活用する。(3ヶ月計画表による)
  4. 情報伝達は、“送り手の責任”とする。
  5. 「会議」の本質を理解し、活用する。

Ⅲ.「経営者」としての7つの「基軸」を立てる

【ポイント】
「経営者」は、「基軸(原理・原則に基づく軸)」を持つことが必要です。また、今後予想される経営環境の激変においては、環境追随型経営は許されず、「基軸」を持ち、先手を打つ経営が求められます。

この「経営者」が持つべき「基軸」とは何か、どうしたら「基軸」を立てることが可能かについて学びます。

1.「原理・原則」を考える。

  1. 「基」の元々の意味を理解する。
  2. 「先人の言葉」から教えを受ける。
  3. 「基軸経営」と「主軸経営」の違いは何か。

2.トヨタ経営の本質は何か。

  1. 「豊田綱領」を読み解く。
  2. 明文化されていないトヨタ経営の本質とは何か

3.成功と成長の為の7つの「基軸」

  1. “人の可能性を具現化する。”
  2. “Pull system で人と組織の可能性を引き出す。”
  3. “異質から多様性を生み出す”
  4. “「サムシンググレート」としての「方針管理」を実践する。”
  5. “摂理に基づいて権限と責任の一致にこだわる。”
  6. “やり切る・積み上げる。”
  7. “「経営」と「現場」はRespect とLinkの関係にする。”

研修のご依頼・ご相談はこちらから

研修プログラムの最近記事

  1. 研修プログラムについて

  2. 基幹人材養成研修(フルコース)

  3. 会社変革に直結する業務改善推進とシステム開発部門の強化策

  4. 自主研(考える職場づくり)の進め方研修

  5. 学校法人等の経営改革の進め方

関連記事